酒井家庄内入部400年記念の特別展第1弾「徳川四天王筆頭・酒井 忠次展」開催のお知らせ

今年度最初の展示、酒井家庄内入部400年記念の特別展第1弾についてお知らせ致します。

展覧会名:酒井家庄内入部400年記念特別展「徳川四天王筆頭 酒井忠次」
会  期:令和4年4月14日(木)〜同年5月29日(火)無休
会  場:公益財団法人致道博物館(鶴岡市家中新町10-18) 美術展覧会場
主  催:公益財団法人致道博物館
共  催:山形県、(公財)山形県生涯学習文化財団、鶴岡市教育委員会

令和4年(2022)は庄内藩主酒井家が入部して400年を迎えます。庄内藩主酒井家は、3代酒井忠勝が元和8年(1622)に庄内へ入部して以来、現在に至るまで一貫して“地元”に住み続けています(現当主は18代酒井忠久(致道博物館館長))。

令和4年度、その節目を記念し5つの特別展を開催します。本展は第一弾として、酒井家興隆の礎を築いた初代酒井忠次の事歴を、今に残る歴史資料や美術品から探ります。

酒井忠次は、徳川家康の15歳年上の重臣として数多くの戦功を挙げ、江戸時代には「徳川四天王筆頭」とも称されています。本展では、古文書や歴史資料から徳川家重臣としての功績を振り返り、織田信長や徳川家康から拝領した太刀二振「真光」「信房作」(ともに国宝)や甲冑「色々威胴丸」(国指定重要文化財)など、忠次が所有した貴重な美術工芸品などを紹介します。


【会期中のイベント】

《ギャラリートーク》
日時:①4月23日(土)14:00~15:00、②5月14日(土) 14:00~15:00
要申込み、先着30名

《400年記念事業連携企画》
酒井家庄内入部400年記念 歴史シンポジウム「酒井家草創~庄内藩主への道程~」
日時:5月7日(土)13:00~17:00会場:荘銀タクト鶴岡

詳しくは、こちらクリックしてください。